怒って跳ねる兄弟と電子レンジ押さえつける鉄板と流れる汗

「トニックウォーター」は好きかな?嫌いかな?いろいろ感じ方があるかもわかんないけど、必ずしも悪くなんてない気がする、「フライドポテト」。そう感じたりしない?

汗をたらして熱弁する兄弟とよく冷えたビール

離れた故郷で暮らす家内の母も孫用だといって、非常にたくさん手作りのものを作ってくれて届けてくれている。
キティーちゃんがものすごく気にいっているのだと話したら、話したキャラの布で、裁縫してくれたが、裁縫するための布の購入価格が大変高価であきれていた。
縫物用の布は縦、横、上下の向きがあり面倒だそうだ。
なのに、大量に、作成してくれて、送ってくれた。
小さな孫はめっちゃ愛らしいのだろう。

汗をたらして踊る姉ちゃんと電子レンジ
仕事の関係で、日光市へ向かうこととても多かった。
東京から4時間ほどの場所にある日光市は栃木県にあり、海に面していない県で、背の高い山に囲まれている。
そのことから、寒くなると積雪し、除雪車やチェーンが必要である。
秋のシーズンには、と東北道を使い、2泊3日で、帰ってきてからまた2泊3日というスタイルが多く、旅行誌などで日光市が登場すると懐かしいとさえ感じてしまう。
「日光を見ずして結構というなかれ」という面白い表現がある位なので、一度は旅をしてほしい県だ。
ちょっとだけ話をさせてもらうと、ツーリストたちのメインはやっぱり日光東照宮。
東京の基盤を作った徳川家康の眠る場所で、境内の厳かな様子に驚くことだろう。
他にも、奥日光に位置する日光の湯元温泉
硫黄泉らしく、白色で、高温の湯。
この温泉につかると、冷えにも良いだろうと思う。
東照宮が建てられた時は、奥日光湯元温泉を目標にたくさんの湯治客が集まったらしい。
その様子は思い浮かべられる歴史のある日光市。
宿泊所の紹介も一緒に雑誌にもたくさん載っている日光へ、再び行ってみたいと思う。

そよ風の吹く仏滅の明け方に焼酎を

最近は、浜辺に釣りに道具を持っていってない。
勤めでとても過密スケジュール行けないというのもあるけれど、ものすごく暑すぎるので、釣りに行きにくいのもあることはある。
それに、業務終わりにいつもの場所を見ていてもたくさん釣れている雰囲気が見えないから、自分も出かけたいとは思わない。
とても沢山見えるくらいだったら我慢できずに行きたくなるのに。

雲が多い大安の夜に想い出に浸る
知名度のあるお寺であろう、斑鳩寺、つまり法隆寺へ訪れた。
法隆寺独特だという伽藍配置も思う存分見せてもらい、立派な五重塔、講堂も目にすることができた。
展示室で、国宝に指定されている玉虫厨子があり、予想していたよりも少しだけ小さかった。
このお寺様について知るにはきっと、多くの時を要するのではないかとみている。

気持ち良さそうにダンスする兄さんとオレ

「とにかくこうで間違いない!」など、自分の価値観のみで人を見極めるのは悪くはないと思う。
とは言っても、世間には自我と言うものが人間の周りに漂っている。
その辺を頭に置いておけば自信を持つのは良いけれど、きつく反論するのは良い事ではないのかも?と考える。
これ、一つの意見でしかないけれど。
厳しい世間になるかもしれない。

自信を持って口笛を吹くあの子と夕焼け
旅でも仕事でも、韓国に行く機会が多い。
縁が深いのは、日本から近いプサン。
観光ももちろんだが、女性だったら韓国製化粧品や小物など興味がある方も多いのではないだろうか。
韓国人は外見へのこだわり、つまり自分磨きへの勢いは素晴らしいといわれる。
面接や、お見合いの際に、日本よりも露骨に判断する場合が多い。
お国柄か、韓国の化粧品は、美容に効果抜群の成分が、日本の物より多く含まれている。
という事から、合う合わないは出てくるものの、結果は期待できるのではないだろうか。

天気の良い金曜の夕暮れに冷酒を

少年は、今日は学校の給食当番だった。
帽子とマスクを着け、白衣を着て、他の給食当番達と、本日の給食を取りに行った。
今日の主食は、ご飯ではなくパンだった。
バケツのように大きなフタつきの鍋に入ったスープもあった。
少年は、一番重たい牛乳だけは、男子が持たなければならない、と思っていた。
クラス皆の分だから38本ある。
だから自分が、バットに入った38本の牛乳を持ったのだけど、同じ給食当番のフーコちゃんが一緒に持って運んでくれた。
牛乳は重いので女子には運ばせたくなかったけど、クラスでちょっと気になるフーコちゃんと教室まで一緒に歩ける、と思った少年は、少しドギマギしながら、そのまま2人一緒に牛乳を持つことにした。

のめり込んで歌う父さんと枯れた森
よくテレビで見る大物がびっくりするほど突然引退したことによって、ニュースやネットでしきりに報道しているが、すごくすごい!!。
次々と変わる首相がどのような人になるかっていう内容より報道でも順序が前だったし。
どの人が日本の総理になっても変化しないと思う人も非常に存在するし、そんなことよりMCで有名な人が芸能界を芸能界引退というほうが影響がでるということですかね。

騒がしく口笛を吹く友人と月夜

なぜかお肉をそこまで好物ではないおかずは自然と魚介類主な栄養になる。
そのことから、この時期の、土用の丑の日の鰻は、私にとってのイベントごとだ。
東の方でうなぎを開くときには、背開きという習慣がある。
どういう事かと言うと、昔々武士文化なので、腹開きにすれば切腹につながってしまい、縁起が悪いため。
一方で、西の方で開かれるウナギには、腹開きの事が風習。
理由は、西の方は商業色の強い町なので、腹を割って話そうという事に由来するから。
他にも、自腹を切るという取り方も通じるので、状況によってはタブーの場合も。
理由は、西の方は商業色の強い町なので、腹を割って話そうという事に由来するから。
他にも、自腹を切るという取り方も通じるので、状況によってはタブーの場合も。
この知識は、観光バス会社で働いていた時に、常に、お客さんにしゃべっていたお話です。
渋谷駅からスタートして、静岡の浜名湖や沼津や三島へうなぎを食べるために向かおうという目的。

風の強い週末の深夜は友人と
私の師匠が此の程朝から釣りに出向いたらしいが、何匹しかあげれなかったらしい。
ザコが見えるほどいて、フカセ釣りがやりにくかったらしい。
だけれども、しかし外道だがイノコの50cm近くがあげれたらしいから、うらやましい。
昔、もらって初めて口に入れたが非常に美味だった。
大物でおいしい魚がきてると聞いたら興奮して早く行きたくなるが、すぐには行けないので今度だ。